OOTP(Out Of The Park Baseball)14にっき

OOTP14をプレイした感想とかを書くつもり

OOTP14 #13 2016年を振り返るの巻

 

ついに、リアルレッドソックスから遅れること3年、2016年にレッドソックスは9年ぶりのワールドシリーズ制覇を果たしました!

というわけで2016シーズンの振り返りです。

LF N.Williams .259 16 70

2B D.Pedroia .291 15 83

1B P.Konerko .287 29 96

SS J.Panik .298 8 68

3B W.Middlebrooks .250 19 68

C R.Lavarnway .233 17 49  

RF J.Bradly Jr. .255 10 63

CF B.Gardner .225 1 29

(SS Y.Vilegas .266 1 19)

(DH M.Napoli .201 12 41)

Nick Williams

f:id:dfg5ivestar:20110617142934j:plain

リアルではテキサス・レンジャーズ傘下のシングルAチームにいるらしい

2016 147試合 .259(572-148) 16本塁打 70打点 44盗塁(リーグ4位)

Nick Williams Stats, Bio, Photos, Highlights | MiLB.com Stats | The Official Site of Minor League Baseball

2015年オフにJ.Mayberry Jr.・D.BulterとのトレードでR.Rossとともにレンジャーズから移籍。2014,2015と2年連続で3Aで好成績を残したため、今シーズンは開幕メジャーで1番レフトスタメン起用。俊足巧打という触れ込みだったが、リーグ5位の40二塁打を放つなど、低打率中距離バッターとして1番起用された。俊足だが、レフトしか守れないザル守備が起用に困るので来季からはセンター・ライトを守れるようにコンバート予定。

 

Dustin Pedroia

f:id:dfg5ivestar:20140113211656j:plain

ダスティン・ペドロイア - Wikipedia

 2016 156試合 .291 (619-180) 15本塁打 83打点 12盗塁 45二塁打(リーグ2位) OPS.784

ボストンのフランチャイズプレイヤー*1。4年$54Mの契約を結んだ1年目の今年は、チームトップのWAR5.0を記録した。

Paul Konerko

f:id:dfg5ivestar:20140106214851j:plain

ポール・コネルコ - Wikipedia

2016 158試合 .287(607-174) 29本塁打 96打点 OPS.859 WAR4.4

年俸$10.9Mで移籍した今年は、チームトップの29本塁打を放ち、1年通じて3番を打ちました。ポストシーズンも全試合出場し.364 6本塁打を放ち、OPS1.167と世界一に貢献。135試合出場したため、来季も同じ年俸で契約を更新。

SP J.Lester 14-11 4.23

SP R.Ross 12-12 3.49

SP M.Barnes 15-6 3.72

SP C.Kershaw 10-9 4.70

SP J.Wieland 2-4 4.64

MR J.Hanrahan 60G 5-3-5 2.37

MR V.Pestano 54G 7-4-2 3.59

MR M.Montgomery 52G 6-1-1 2.14

CL J.Broxton 69G 7-1-42 1.96 

Matt Barnes

Matt Barnes Minor League Statistics & History - Baseball-Reference.com

2016 31試合 15勝6敗 防御率3.72 WHIP1.25

メジャーデビュー3年目の今季は、チームトップの15勝・防御率3.72でリーグ優勝に貢献。2011年ドラフト1位の底力を見せつけました。メジャー期間は2年120日と3年に満たないですが、特例のスーパー2として今季は年俸調停権を獲得しています。

Joel Hanrahan

2016 60試合 5勝3敗5S 防御率2.37 WHIP1.04

今季はシーズン開始から中継ぎとして起用されましたが、セットアッパーとして大活躍。プレイオフも9試合に登板して1失点と安定していました。今季で契約が切れるため、来季からも再契約に向けて交渉中ですが、今季は他のシーズンと比べBABIPが低く、単にラッキーだったのではないかと気になります。

Jonathan Broxton

2016 69試合 7勝1敗42S(リーグ2位) 防御率1.96 WHIP1.04

今季の1番の補強。結果年間通じてクローザーとして活躍し、オールスターにはチーム唯一選出され、9月には投手月間MVPを受賞しました。しかし、Hanrahan同様にBABIPがやたらと低く、来季以降活躍できるかは謎です。

Jorge De La Rosa

f:id:dfg5ivestar:20131223230650j:plain

2014年からレッドソックスに4年$24Mで移籍。14年、15年と2年連続で2ケタ勝利を挙げましたが、16年はシーズン開始から不調で、6月に小指の関節の痛みで全治3ヶ月と診断されDL入り。しかし、8月に「再診察を受けたところ、現役復帰は不可能」との診断がなされ、9月に退団・引退。14,15年にチームを支えた投手の突然の引退に衝撃。しかし、契約がまる1年残っていたんですが年俸はどうなったんですかね…?

2014 33試合 11勝10敗 防御率4.36 WHIP1.48

2015 33試合 16勝11敗 防御率4.28 WHIP1.36

2016 12試合 3勝3敗 防御率7.58 WHIP1.60

メジャー通算 303試合 93勝92敗 防御率5.06 WHIP1.49

 

そんなこんなで、無事ワールドシリーズ制覇を果たしたところで、プレイ日記は一旦終わりたいと思います。ここからは時間があればOOTPをプレイして思ったことなどを書いていきたいなあ…と考えております。

*1:生え抜きの選手のこと